薬院志岐英語塾の強み

個人指導による徹底したサポートで目標の実現へ

個人指導なのに進学塾
自己学習力を高める学習法を採用
指導歴15年以上の実績
薬院志岐英語塾の強みその1 個人指導なのに進学塾
個人指導なのに進学塾
個人指導なのに進学塾
薬院志岐英語塾では個人指導
「プライベートレッスン」を採用しています。

現在、学校教育でも大手進学塾でも、日本の教育のあり方は「一斉授業」から抜け出せません。 私は今までの職務経験から、「個別(2人以上を同時にみる方式)」指導も、結局のところ「一斉授業」にあまり変わりないと考えます。

学習者を待たせてしまう事で無駄な時間を与えてしまう既存の指導法は、結果学習者の満足を得ません。時間とお金の無駄遣いとなってしまいます。
そして、サービスとしての運営上、一斉授業の形を取ることで売上単価を上げざるを得ないのがいわゆる大手さんなどの「経営」です。

様々な職務経験から、目の前の生徒が必要としていることが見えているのに、そこに100%アクセスできない指導の現場を沢山目の当たりにしてきました。
その経験から出した答えは、時間の無駄を作らず最大限に結果を得る為の指導法である一対一の「個人指導」です。

目の前の生徒が必要なことを「必要な順序を瞬時で見極め指導する」

これが薬院志岐英語塾が考える「個人指導 〜プライベートレッスン〜」です。

当塾のサービスについて詳しくみる
強み
薬院志岐英語塾の強みその2 自己学習力を高める学習法を採用
学習に無駄を作らないことから「安心」を生む事

勉強が不安だ、英語がわからない、いう生徒の方々の共通点の一つに、分からないところが分かっていない、 同時に、分かっているところも分かっていない、総じて、「全て分からない」と思い込んでいる心理状態があります。

また、個人個人の目標達成には、少なからず未知の世界への不安が付き物です。その不安を安心に変え、一人一人のオーダーメイド指導内容が本塾の特徴です。

薬院志岐英語塾では、その「分からない」「不安」を個人個人に合わせて、適切な指導を入れていきます。 個人指導の最中に問題を解かせてみるような、生徒が受け身のダラダラとした個人指導を行いません。 ベストな学習は、指導の前後に定着確認を行うこと・自分自身を確認、整理してから指導を受け、その内容を直後に再確認することでしょう。

本塾では、1回の指導の前後併せ、最長「2時間」の定着確認学習を行ってもらいます。

<例>
A君(中3:苦手文法強化学習)
指導前定着確認チェック(30分)→ 個人指導(1時間)→ 定着整理学習(1時間)

Bさん( 中2:学校内容フォロー学習)
指導前復習内容チェック(30分)→ 個人指導(1時間) →ノート整理(30分)

Cさん( 高3受験対策)
指導前受験校過去問トライ(90分)→個人指導(2時間)→ 確認学習(30分)

D君(英検準1級取得対策)
指導前単語・熟語チェック(45分)→個人指導(1.5時間)→ライティングトライ(20分)

さらに、SNS等のメリットを活用し、日々の学習もフォローしています。
D君のケースのような場合は、ライティングの添削が出来しだい、メールなどで指導対応しています。

一人一人の1回の個人指導内容を、数倍の価値がある個人指導内容にして欲しいと考えています。

ベネッセ教育総合研究所の調査によると、中学3年生の平均勉強時間は全体平均:1日2.8時間、成績上位者で1日3.5時間入試前になれば 1日4.5時間が平均ということです。こういった統計を元に考えると、自宅などでの毎日の学習が目標を達成するためには不可欠であると言えるでしょう。

しかし、薬院志岐英語塾では「自己学習力を高める」事を重要視し、時間の長さだけでなく、 時間の「深さ」も大切にし学習することができる生徒を育てたいと考えています。

当塾のサービスについて詳しくみる
強み
薬院志岐英語塾の強みその3 指導歴17年以上の実績
英語を通じて沢山の方達のお力になりたい

様々な教育経験を通し、教育現場において気づいた点や不満な点を自分なりに分析し、削ぎ落とし残ったものは、 「目の前の人を大切にする」という信条でした。英語を教えるという仕事は実に様々ですが、私が出来ることは、その信条に沿った英語指導なのだと思います。

それを形にするのかどうか、どのように生きたいのか、大海原に放り出されたような時、 私も、私の目の前の人達からの理解、助けを受け、帰国してたった半年でこの小さな塾が存在していました。

「塾」という響きは正直嫌いです。人を数値で評価しなければならない「学校」も同じく好きではない、といのが本音です。 「英語」というものが「教科」であっていいのか、、、と真面目に考えたりします。

生徒の力を引き出す時、英語は言葉ですから、普通の「塾」的指導だけでは「言葉力」は開花しないと考えています。 英語を日常的に使う環境でない日本での普通の学習者は、途方に暮れてしまいますね。でも焦ることはないと思います。 言葉ですから、操れる母語の日本語への興味関心も引き出しながら、また、一人一人の興味関心に英語の必要度を絡ませながら、 私のプライベートレッスンは行われます。気付いたら努力できる自分になっている事を、実感してもらいたいと思います。

沢山の生徒さん達との関わりはもちろん、自身も親として子供の進学や受験を見てきた経験もバックグラウンドに、 一人一人の目標が達成できるように、学習者である生徒の皆様、そしてお子様の通塾をご決断くださいました保護者の皆様に、 意味のある塾でありたいと思っています。

学習や進路(生き方)・受験についての悩みや不安などございましたら、カウンセリングも承っております。是非ご相談ください。

<講師プロフィール>
志岐美佳 (1971年 福岡市生まれ 女性)
福岡・熊本・長崎・佐賀育ち 郷里は九州と神戸 1988年 熊本日豪協会の選考を経てオーストラリアへ交換留学生として派遣される 渡航国はヨーロッパ諸国、南北アメリカ諸国、オーストラリア、アジア諸国 過酷な中学受験親業経験もあり かなり高い学校・塾などの裏表経験値あり

<経歴>
熊本県立大学 文学部(英文学科)にて学士号取得
九州大学大学院 文学研究科(言語学・応用言語学)にて修士号取得
英検1級所持 TOEIC最高スコア930点
学校教員歴17年以上(筑紫女学園・上智福岡などの福岡市内中高一貫校他、他県高等学校にて勤務) 海外(台湾・シンガポール・マレーシア・香港)の大手進学塾にて受験指導・英語・英検指導

<指導生徒の進学先>
九州大学、熊本大学、佐賀大学、福岡女子大学、神戸市外語大学、福岡大学、西南大学、 関西外語大学、 同志社大学、同志社女子大学、南山大学、早稲田大学、上智大学、聖心女子大学、清泉女子大学 など

<好きなもの>

最近はくまモンも気になっている

「1人でも多くの方に志岐先生と出会ってもらいたい、先生の英語に触れてほしい」 これが私の想いです。

中学3年の受験直前、志岐先生の衝撃的な模擬授業を受け、その日に進路を決めました。
この先生と絶対に英語を学びたい。ただそれだけの理由です。

志岐先生の授業を3年間受け、英語の深さと愉しさをもっと味わいたいと思い、英語学科へ進学。

卒業論文の際、社会人になってから、多くの壁にぶつかっていますが、志岐先生から贈られたリンカーン大統領の言葉

"Where there's a will, there's a way"

これが私の支えになっています。

英語のみならず、諦めない力を教えてくれた志岐先生との出会いは人生の宝物です。

J.Tさん

美佳先生に英語を教わった中で印象に残っているのは、授業中に励ましの言葉をかけ続けてくださったことです。

特に成績がよかったわけでも勉強熱心だったわけでもない一生徒の私に対して、美佳先生はテストや課題の返却の度に 「もうちょっと頑張ってみたらどうですか?あなたならできると思いますよ。」と毎回毎回声をかけてくださいました。

そのおかげでセンター試験数ヶ月前ながらもやると心が決まり、英単語帳を1ページ目から覚え直し、文法も長文も先生が教えてくださる通りに無我夢中で取り組みました。

自分も他のまわりの人も信じられなかった結果を美佳先生は信じて引き上げてくださったから志望校への道を拓かせていただきました。
志望校合格という結果もかけがえのないものですが、美佳先生と積み上げたあの数ヶ月が私にとっては一番の忘れられない経験となりました。

美佳先生、改めて熱くて楽しい時間をありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします!!

K.Yさん

当塾のサービスについて詳しくみる

ACCESS

福岡市中央区薬院1丁目 白石第2アパート56号