Shiki’s Space

指導者志岐のつぶやき

2022年1月15日 /

今日は共通テストですね、ちょっと長めに呟きます(志岐のなんちゃって教育論①)

今年の共通テストに挑む8名の塾生様、大変ですが、、日本の学校教育を12年受けてきた最後のイベントとして、、良い思い出になりますように。

簡単に言うと、、暗記(それも日本の学校英語教育で英語を学ぶなら何がともあれ必須)だけでなく、論理的思考力が測れるように練られた「共通テスト」らしいのですが、、ま、要は、「英語」においては特に、当たり前の理解力を伴った速読力(それでも、日本語よりも遅くていい)の養成が大切だと思います。

学校教員をしていた時も、「今年の生徒は地頭いいよね〜(悪いよね。。。)」などのぼやっとした評価が職員室で飛び交っていましたが、じゃ、そこって教育によってどう養っていくものか、またはそもそも学校教育によって養うべき領域なのか。。もやっとした気持ちだけが常に存在していました。地頭良い、、って一つの解釈は「解釈力に長けている」かもしれません。それって、母語である言語を通してになるのは当たり前ですので、そうすると、それは産まれた瞬間からの話になりますね、、、

私の専門学問は、英語であり、応用言語学でした。様々な知識は今の私に役に立っていると思いますが、、やはり産まれた瞬間から、子供に自然に質の良い言語的刺激を与えることは素晴らしいことだと思います。このように書くと、、中高生になってしまった我が子は手遅れだ、と感じるかもしれません。私の母は生涯をかけて、0歳児から大人まで「読み聞かせ」活動をしてきましたが、きっかけは目から入る読書でなくても良いのだと思います。人それぞれに、生涯をかけて知への好奇心を得る縁があり、それが読書などの活動に繋がるでしょうから。

よく、うちの子は国語力がない、本を読まない、と相談されることもありますが、

「本を読みなさい」

これ、やめたほうがいいと思います。そう言って快く読み始めるわけありません。何事も強制されての事であれば、、やりたくない気持ちを生むのは当然です。そのような気持ちの下、何かをやっても良いものを生みだしません。簡単な事です。。(親にとっては難しいですけどね。。。分かります)

完璧な親はいないと思います。親だからと言って、完璧でなくて良いです。ま、それでも私が両親から受けた教えの中で人格形成に役立ったと思うものは、「自分がされて嫌だと思うことを人にしない」かな。。。

「勉強しなさい、そうしないと、、〇〇テストで点が取れないよ」

な〜んて言われて、私なら勉強する気にはやはりならないと思います。

今日は、とりあえず、ここまで。。

 

 

2022年1月11日 /

2022年教室少し改造!明るくなりました!

2021年11月29日 /

2021年度 卒塾生の声 16

Hさん(筑紫女学園高等学校 京都女子大学・発達教育学部(児童学科) 合格・進学予定)

わたしは中学生の頃から英語がとても苦手でその苦手意識を持ったまま高校に入ってしまったため、志岐英語塾に入るまではこれから挽回できるか、大学受験に間に合うのか多くの不安がありました。志岐先生が基本的なものから丁寧に教えてくださったことで、苦手な問題の傾向も見えてきて、効率よく勉強ができるようになりました。偏差値も20近く上がり、英語を好きになることができました。本当にありがとうございました。

 

〜お母様より〜

元々の英語への苦手意識は高校進学で、強い嫌悪感に変わった娘。早くどうにかしなくては…と思い、志岐塾に通い始めました。初めての面談、体験で志岐先生の的確なアドバイスとご指導は娘に合っているとその場で感じました。コロナ禍でオンラインレッスンもありましたが、オンラインでも変わらない熱心なご指導と励ましの言葉で、その後も気持ちが途切れる事なく通塾し、大学受験を迎えました。総合型選抜だった娘に試験直前は小論文やグループディスカッションのご指導までいただき、第一希望校に進学が決まりました。

志岐塾での二年弱は沢山の学びがあった充実した日々でした。親子で心から感謝しております。ありがとうございました。

 

~Shiki’s Space~

Hさんはとても熱心に毎日の課題に取り組んでいらっしゃったと思います。違う科目に取り組んだりとわたしとの授業の後も忙しく、少し距離のある薬院まで自転車で毎回通っていただいたこと、本当に有り難う!

お母様との面談を通しても、、私自身が心洗われることも多く、子供に対しての愛情、見守り方、、、生き方、様々な視点で素敵な時間を過ごさせて頂きました。

Hさんは自分の心と常に向き合い、、進路選択されたようです。最後の面接試験準備などを通しては、「幼児教育」への関心の奥に、純真な愛をベースとする人間に対しての希望を感じ、指導しながらも私自身、普遍的な美へ触れた感動で涙が自然に溢れそうな状態だったことが、ほんの先月のことなのに、、、遠くも感じます。心より大学合格おめでとうございます。

これからの小さな子供たちに、将来、英語を伝える場面もあるでしょう。その時、英語は単なる受験科目ではないこと、日本にいたら見失いそうになる現状も依然としてあるけれども、この地球で人生を広げるための一つの手段であること。。。今からHさんが出会うであろう子供達にきっと伝える素敵な先生になるのだろうと、、思っています。これからも、素敵な笑顔で頑張ってください!

 

 

 

2021年11月17日 /

2021年度 卒塾生の声 15

Mさん(筑紫女学園高等学校 九州工業大学・工学部・工学4類 合格・進学予定)

英語は苦手でした。洋楽は大好きで、英語の文字は好きだけれど、文法の意味がわからないため、単語もすんなりと入ってきませんでした。また、「塾」という場も大嫌いでした。学校は休みがちで点数も良くなかったです。偏差値は40代でした。薬院志岐英語塾に入ってからは英語が論理的にわかりました。論理的にわかると、単語もスラスラと入ってきて、授業毎にある学校の英語の小テストではテスト前3分で25単語が暗記できるようになり、学校の英語のテストでは85点を切らなくなりました。志岐先生とjes先生はとっても褒めて伸びさせてくれるのでネガティブな私でも自信を持つことができました。Jes先生は、はじめて海外の人との1対1ではじめは緊張したけれど、慣れると超面白かったです。英語で上手く話せてないけれどコミュニケーションができて嬉しかったです。「学びに行く」ではなく「遊びに行く」感じで塾にいき勉強ができたと思います、笑。 楽しかったです。

〜お母様より〜

塾に通いだしてから、英語がわかるようになったとうれしそうに話していたのが、つい最近のような気がします。英語に自信がつき、他の教科も急激に成績が良くなりました。英検の加算点もあり、第一志望の大学に合格できたと思っています。志岐先生は、褒めてくれるので、英語塾に行くのが楽しいと言ってました。今まで、いろいろな塾に通いましたが、どこもうまくいきませんでした。志岐先生とJes先生に出会えて良かったです。教えていただいたやり方で、これから先も英語は、ずっと勉強し続けるそうです。今までありがとうございました。

 

〜Shiki’s Space 〜

そうでしたね。。経験したことがなかった学校の臨時休校に始まり、、この先の学校教育がどのように対応していけるか、誰もが分からない中、、先に私のところを見つけてくださったお友達からのご紹介で、、Mさん、お母様とお会いすることができました。昨日のことのようで、、実際以上に何年も前のような感じも受け、、、、本当に複雑な思いが残ります。この大変な期間、一緒に前を向いて進むことができたこと、、、改めまして有難うございます。

お互い、頑張りましたね!Mさんは、とても深みのある思考力をお持ちのお嬢さんだな、、、と初めの授業数回を通して感じておりました。全ての生徒さんにそうなのですが、、、、不必要な文法用語やありきたりの構造分析を並べて授業をしない、、、教える側の知識は必要性を感じた時に与える、そして関連する伝えるべき内容を付随させる。。。これが私の考えるプライベートレッスンであり、そうであるべきだ、と思っていますが、Mさんとの授業は、その早い展開に恵まれました。よく勉強をしてくれ、たくさん良い疑問を気軽に聞いてくれましたね。知識と知識が統合されていくのが見え、私も1週間に1度お会いできるのがとても楽しみでした。今年、完成期間の数ヶ月は、いろいろな事を感じ達成するために、Jes先生との時間をしっかり自分のものにして頂いたと感じています。Composition, Readingなどを通して、スピード感ある英語にしっかりついていけていましたよ。楽しそうな笑い声が、ついこの前の事なのに、懐かしい感じがして少し寂しいです。。

受験直前の最後は、志望理由書や学業計画書などを実際に拝見しながら、面接の練習などをさせて頂きました。その数回を通して、、Mさんに感じていたこと、その深みは、、間違えがなかったな、と再認識となりました。私が見えない、想像できないところでも、、本当に頑張った証だと思います。これからも、今までの経験の上に、、いろいろな経験を重ね、、、英語でもっともっと自分の世界を広げ、、楽しく頑張ってほしいな、と心から応援しています。

 

2021年11月5日 /

<2021年度速報>大学合格おめでとうございます!

今年の塾生様の第一志望、

APU、九州工業大学、京都女子大学への合格おめでとうございます!

よかったですね〜!知りたいこと、やりたいことに向かって、、学べますね。

2021年10月31日 /

誕生日がまた来ます。。

先ほど塾からのお知らせを更新させていただきました。。。感謝です!

現実、、経営者としてこの世の中に存在させていただきますと。。胃が痛いこともたくさん、今朝はその胃の痛みで目が覚めました。諸外国と比べて日本は恵まれている、、なんて前提を取っ払って、ただの感情を綴らせていただくと、、、、、なんて税金は高いんだ、、なんて健康保険費は高いんだ、、、年金制度に信頼を置けず払い続けている虚しさはなんなんだ。。。このように思うのは無知で若かったからでしょう。

明後日で50歳になってしまいます。少しは大人になり、、衰えていく身体に国の恩恵を感じていくこれからになるのでしょうから、、ちょっと改心し、も少し頑張ります。

そして、今からの塾生の皆様の未来がもっと明るくなりますよう!

2021年9月22日 /

今年の受験生の成長

さて、10月も近まって参りました。。

今年の受験生は、多分 今年の受験生も。。現役生も浪人生も含め、、(そして多分、塾生の方みんなに当てはまるのですが)、一人一人ユニークで、今の脆い現代社会を、、アメンボウが水面をスイスイと滑り移動するような力を秘めていて。。。私からしたらとても逞しい。

英検で話をするならば、早い時期に2級、準1級の取得を確実に終え、、(頑張りましたね!)その安心から生まれる、さらに描けた未来に向かっていこうとする、そんな動きを見ています。。

本塾でのnative専任講師による「今週のトピック」ライティング課題も。。生徒様の成長を反映し。。期待も込めてレベルUpしていますね。。楽しい変化です。よし!と思えた生徒様の授業にはnative専任講師からの直接指導。これが、私の期待以上に、生徒様の力を引き出すことができているようで。。。私の様々な思いも吹っ飛びます。。。

もっともっと、私を驚かせてください!

受験生の皆さん、良い実りの秋、収穫の秋にしていきましょう。。

2021年9月6日 /

世界は変わり続ける

最近、ずっと避けてきたようなジャンルの映画を夜中に見たりする事があります。眠たいのに。。。

いわゆる、史実。

私の英語との、長くなりつつある歴史は、、「なんで人間は戦争して殺し合うんだろう」という子供ながらに抱いた絶望的な問いに始まるので。。大人になって、その答えが結局のところ。。。諦めに近いものを受け入れないといけないと感じてからは、、戦争を描いた映画は見なくなっていました。

人生の折り返し地点を過ぎたからか、新たに捉えるべき事があるからなのか。。。戦争と同じようなダメージを受け続けている今の世界の捉え方に気づきを得るためなのか。。。

映画から感じたことを、深く深く、じわじわ考えながら、、、塾生の一人一人が、この先も「英語」との付き合いが、より明るい世界につなげるツールになるように、、、と信じて。

2021年秋も、過ごしたいと感じています。

2021年7月2日 /

4技能習得は特別なことではない、という姿勢で指導しています。。。

本塾では、いわゆる求められている4技能習得は、え?当然でしょ?という姿勢で、英語指導・英語学習支援をしていますが。。。。。。英検に関しては、CBT受験でトライさせ続けています。。嬉しい合格を3級から準1級まで沢山頂いていますが、今真っ只中の2021年度第1回試験(従来型、紙の試験)二次面接試験へトライ段階の生徒様もいらっしゃいます。今回1次試験はまさかの不合格。。。だったのに、その後受けて頂いていたCBTでの結果が出て、一気に合格!という逆転現象もあったり。。。

「自分の成長のためチャレンジすることに意義がある」「ライティングやスピーキングはちょっと。。。と思っているからこそ、腹を据えて英語学習に取り組んでいく」

一人一人の生徒様の成長を見させて頂いております。

感謝いたします。

 

 

 

2021年6月2日 /

静寂と心

2021年6月が巡ってきました。

2021年3月8日に、本塾を拠点にわたしの信じる英語指導を続けてまいりましたが、ステータスを「合同会社free space M」と改め、再始動の約3ヶ月・・・

いや〜、色々大きな変化もあり、、、大変な中にも喜びを感じながら、、、感じるものを見つめなおしたり、、

そうこうして感じていることは、「普遍的なもの」「貫くもの」の再認識です。

決して「焦らない」

何か考えるべきものに直面していたら、、表面的な波が大波であっても、その中の「静寂」を見つけ出し、そして自分の「心」と出会い、それをそっと抱きしめてあげるようなイメージで、、何かの答えを再確認できたらいいですね。。

 

1 2 3 4 5

ACCESS

福岡市中央区薬院1丁目 白石第2アパート56号